バイリンガル教育 4歳、5歳用

2017/09/19

バイリンガル教育なんて、初めて書いたかも・・。

普段、日本語を教えてる時は「バイリンガル教育」を考えてるわけではなくて・・
母親の私が日本人で、じいじやばあばも日本人なわけで・・
コミュニケーションを取るには、日本語は必須で・・
我が子は日本人でもあるわけなので・・
当然ということで教えてます。

しかし、海外に暮らしていて、週に五日現地校に通ってると
こちらの言葉が強くなってきます。
兄弟で話してる言葉も、英語が96%という感じで・・少し悲しい母です。

4歳の次男、もうすぐ5歳になりますが
日本でいうと年中さんです。

長男はダラスで日本語の幼稚園に通っていたり、こちらで補習校に
通っていたりと日本語の勉強する環境がありました。

しかし、次男は・・・夏休みの里帰りで幼稚園に1ヶ月ほどお世話になるのみ。
なので、次男の日本語教育は私がしっかりしなきゃ・・と
思ってます。

今回、夏に里帰りで買ってきて良かったドリルのご紹介。
長男の時に気付いたのですが
案外kumonのドリルが使いづらい・・というか、気に入らない私です。
最近は、kumon以外のドリルばかり買ってます。




私たちが子供の頃って「おんどく」をやらされた記憶がありません・・。
でも、長男の「音読」勉強を見ていて、やはり大切かも・・と思い
次男にも「おんどく」をさせています。
ひらがなを、すらすらと読めるようになってきたように思います!!
これは、おすすめ!

私のDNAなのか、長男は字が・・綺麗ではなくて・・
どうしたものか頭を悩ませてるんですが・・

次男はひらがな、カタカナを習う時期から
もう綺麗な形を覚えてもらおうと思って、こちらを書いました。




 このドリル、とても良いので、
もう1冊買ってこようと思います。


なんなら私も頑張ろうかな。


運命の人

2017/09/18


避難先で白石一文さんの小説を読んで とても気に入ったので、
自宅に戻ってから2冊購入しました。

こちらの本は直木賞受賞作。




白石さんの小説は
「運命の人」というのがキーワードなのかな。





2冊、一気に読めました。

昔、聖子ちゃんが「ピピピッときました」と会見で言っていたことがありました。
結婚する人とは、そんな風にお知らせというか、
何か「この人だ!」と感じるものがあるものなのか。
聖子ちゃんは、結局離婚しちゃいますが・・。

「この人と一生一緒にいたい」と思って
結婚するのだろうけど・・
それが間違いだと気付いた時。
人はどうするだろうか。

離婚か。
結婚にとどまるか。
不倫するのか。

最近の不倫報道も絡めて
色々思うものがありました。


災害時に必要なものリスト

2017/09/15

今回、最強のハリケーン上陸前に避難をしました。
バタバタとしてあまり準備ができてなかったので
自分の覚書です。

まず、水を買いに行くのが遅かった。
火曜日の朝9時にスーパーに行ったところ・・
水、全て売り切れ。
仕方ないのでスパークリングウォーター, Unsweetenのお茶を12本、アップルジュース、
缶フードを買いました。(お水は避難先で仕入れることができました)



近所のお店では、水はどこも売り切れ。缶フードも売り切れ間近。




家にウォーターサーバーがあり、満タンのタンクが2つあったので
一つを避難先に持って行きました。


土曜の夜から日曜にかけてハリケーン上陸ということで、
木曜日に家を出ました。学校は金曜日から休校となりました。
自宅にはハリケーンシャッターをつけ、浸水したことを考えて
床に物を置かないようにしました。


【持っていった方が良かった物】
  • ソーラ発電ラジオUSB付き
  • キャンドル
  • 読書灯 (夜はキャンドルでは暗くて本が読めない)
  • ライター or マッチ
  • 携帯充電器 チャージャー いくつか
  • 固形石鹸(体を洗うのにも、洗濯にも使える)
ピンタレストにたくさんリストやアイデアが出てますので
参考にしてみてください。




今回、モバイルバッテリーを2個持って行きました。
でも、停電中には意味がない。
必要だなと思ったのはソーラーチャージャー。
モバイルバッテリーも、もし停電が1週間続いたら使い物になりませんね。
携帯とipadをチャージしたら、あっという間になくなります。

現在、フロリダでは、6日間も停電が続いているエリアがあります。
9/8, 9/9にハリケーンが来て、停電しました。電気会社は「9月22日までにフロリダ西側の復旧を目指している」とアナウンスしました。
約2週間も停電することを想定するだけで恐ろしいです・・。
電気を作り出すことを想定していなければならなかった。

発電機を使っている家もたくさんありますが、ガソリンを使います。
ガソリン不足の問題と停電しているので開いているガソリンスタンドが
少ないということもあってお手軽とは言えません。


 

携帯の充電には、ソーラーパワーのチャージャーが必要ですね、停電したら。

キャンドルのように火を使わないもので、夜に明かりをとるものとしては、
こういったものが必要だと感じました。




なんと電池不要。USBもついていて携帯も充電可能。
開くとランタン、たたむと懐中電灯になるそうです。
これは実家にも一つ買おうと思います。



 今までエマージェンシーキットを作ったことがなかったんですが、今回の経験で 用意してみようと思います。

停電1週間しても(実際、ここフロリダでは1週間停電してますからね・・まだまだ
続きそうなエリアもあるし・・)大丈夫なキットを作るといいのかもしれません。




Proudly designed by Mlekoshi playground