2018/06/18

漢検9級 2018年




日曜日に漢検を受けた長男。
受験会場で小学校の同じクラスの子がいたようで
嬉しそうでした。

里帰りしてから集中的に勉強したドリルはこちら。






これ以外にも、
10級の時に使ったので、↓のドリルも買って
使っていたのですが・・これはあまりおすすめしません。





漢字の反復練習がほとんどできないので
コスパは良くないドリルかなと。

過去問を解いてる方が漢検の勉強になると
思います。

さて、1年に1回の漢検を終えた長男、
「どうだった?」と聞いたら
「一問わからなかった・・」と
言っていました。
それなら、大丈夫かな、受かってるね。

小学3年生の姪っ子が英検3級受かったらしいです。
姪っ子、ものすごく暗記力がいいんです!
すごいなーと感心してます!

私も勉強頑張ろう!



2018/06/15

里帰り2018 体験入学 #2

今年の体験入学、最初の1週間が終わりました!
「僕、楽しいよ!お友達たくさんいるから!」と就寝前に
長男が言いました。

ほっ・・・。安心しました。

去年、アメリカの補習校を辞めて、ホームスクーリングで
日本語の勉強はしていたものの・・
不安があったようで、アメリカにいるときから
「僕、日本の学校に行きたくない・・」と言っていたのです。
多分、自分だけ勉強が遅れているのでは?と心配だったみたい。
初日、学校から戻ってきたら
「ママ、僕達の方が少し勉強進んでいたよ!だから、国語も算数もよくわかった!」
と、嬉しそうでした。
小学校の年間指導計画を見ながら、教科書の勉強を進めていたし
進研ゼミもオプションも全て含めてやっていたので
大丈夫そうです。




海外発送もしてくれるので、補習校のない地域に住む方にも おすすめです。
教科書に応じたドリルを選択できるので 教科書に沿った勉強ができます。
Z会は、進研ゼミよりも難しめです。遊びの要素もないので
海外在住者で将来日本でお受験があるという家庭には
Z会の方がいいかもしれません。







我が家の子供達は、アメリカで生まれたけど、
日本の国籍も持つ日本人でもあります。
それを忘れないでほしい。
自分のルーツを知っていてほしい。
アメリカの良いところ、悪いところを知っている
日本の良いところ、悪いところを知っている
父親の国、母親の国、どちらも知っている人であってほしい。
自国の文化、習慣を教えるのは親の務めだと思ってます。
夫もそういう考えの人なので、
「君は子供達に日本語、日本の文化をきちんと教えてあげて」と
言います。


自分の足で30分かけて登下校する。
これ、アメリカでは経験できないことです。
お友達の家に自分で行く、習字や塾、習い事に自分で行く、
そんなことアメリカでは経験できないことです。
親が車で連れて行くのが日常。
日本でも子供がターゲットにされた酷い事件が
年々増えているように感じます。
それでも、アメリカとは比べ物にならない治安の良さが
まだあります、日本には。



日本の学校、アメリカの学校、両方経験できることは
我が家の子達にとってものすごい経験値アップにつながることは間違いない。
楽しいことばかりではないのは、わかってる。
それでも、彼らの基盤が形成されているこの時期に
色々と体験して学んでほしい。

嫌なことも、楽しいことも。
人生、楽しいことばかりではないからね。


体操着、上履きを毎年新調。


この夏の体験入学期間だけは、自宅勉強は宿題のみとして
通常のお勉強時間は省いてます。
我が家の子達は、アメリカの学校が夏休みになると
日本の学校に入る。
そして、8月上旬にはアメリカの学校が始まる。


実質の本当の夏休みは2週間ほど。

だから、体験入学時は宿題をきちんとやる。それだけ。
あとは、近所で虫取りしたり、自転車に乗って遊んだり、
サッカーしたり、ご近所のお友達とかくれんぼしたり、
自由に遊ばせてます。


それでも今日は学校から戻ると
漢字ドリルを全部やりたいと言いはる長男。
学校で使っているドリルを先生が渡してくれたようです。
自ら漢字を勉強したい!やりたい!
そんなことアメリカでホームスクーリングしてる時は
言いません。だから、驚きました。
同級生達に囲まれて国語の勉強のやる気が出てくるのは
嬉しい限りです。




2018/06/12

夏の里帰り体験入学 2018 #1

毎年、夏の里帰り(2ヶ月)中に、
日本の小学校、幼稚園に体験入学として受け入れてもらっている
我が家のボーイズ。

2016年の里帰り体験入学はこちら


来年、永久帰国をしたい我が家にとって、(毎年願っている気がする・・)
今年の夏の体験入学は最後になるかもしれず・・
色々考えさせられます。






まず、アメリカから小学校に電話して面談のアポを取ります。

時差があるから、真夜中になりますが、先生方が
忙しくない時間(夕方)を狙って電話したほうがいいです。



次男の幼稚園にも電話すると
園長先生が「今年も帰ってこられるんですねー!
いつからでもいいですよー!」と暖かいお言葉を
いただきました・・。涙。
担任の先生も長男の時と同じ
先生で心強い・・。


自分自身が幼稚園の記憶を鮮明に持っているので
こちらの幼稚園に対する思い入れがひとしおなんです。
当時の担任の先生(名前も覚えてる!)が鼻血を出した私を
床に優しく寝かせてくれたこととか、
何故か母が恋しく下駄箱の裏で母が来てくれるのを泣いて待っていたりとか、
そんな幼稚園時代の思い出があります。


長男は月曜日から学校スタートしてます。
次男も明日から登園。


学校によっては3日しか体験入学を認めないところもあるそうです。
自治体によりけり、教育委員会によりけり、校長先生の采配によりけり
みたいです。

まずは里帰り前に行かせたい学校に体験入学を受け入れてくれるか
電話して確認を。

生徒が少なくて困っている過疎地域の小学校や中学校で
山村留学のように夏の間受け入れてくれるところが
あったらいいですね。



On Instagram

© happybluejay. Made with love by The Dutch Lady Designs.